水垢の落とし方!お風呂や洗面台など、水回りのやっかいものを落とす5選

    

毎日のお掃除の中でなかなか手が行き届かないところってありますよね。例えば

階段、冷蔵庫の上、クローゼットの上、窓の外側など。あとお風呂の鏡や、水栓レバーなどの

水回りの水垢(水あか)もけっこう忘れがち、もしくは後回しにしてしまいます。

 

今回は、水回りの水垢(水あか)、主にお風呂や洗面台などの周辺の汚れ落としに関して、

いろいろとチェックしていきます。

 



 

・水回りの水垢(水あか)、これって一体なんなの?

水回りに貯まる水垢って、地味で目立たないんだけど、月日が経つにつれて積み重なってくる

嫌なものです。いわゆる水垢の正体は、「カルキ成分」です。水道水の中に

混じっていて、水道水を使うたびにカルキがいっしょに流れてきて、水分だけが蒸発して乾き、

その結果としてカルキだけが残り、使うたびにカルキだけが蓄積してきます。見た目はうっすらと

白く、なにか粉末を少しだけこぼしたような、粉を吹いたようなあの感じです。

 

水垢は結局は水道水といっしょに流れてくるので、水を使う処ならどこでも水垢汚れが着きます。

台所のシンク・水栓レバー、洗面台のシンク・水栓レバー・鏡、お風呂の鏡・水栓レバーなどは

もちろん、洗車すれば車にも着きます(特にガラス窓に目立つ)。「必要悪」と言えなくもないです。

 

水垢のカルキ汚れは、主にカルシウムやマグネシウムなどのアルカリ性付着物です。カルキは

オランダ語で「石灰」のことを指します。日本で使う場合は、水道水の殺菌処理で使う、塩素系の

殺菌処理用の塩素のカスを指します。ただ、殺菌処理の塩素といっても、人間には無毒な

ように薄めていますから、人間には害はありません。

 

 

 

・水垢の着きやすい部分って?

水垢は着きやすいか否かではなく、「目立つか否か」ということに尽きます。水道を使った先、

つまり水を使った先がシンクならシンク、飛び散った先が水栓レバーなら水栓レバー、どこにでも付着は

あるわけで、それがメッキや鉄部やステンレスなどそういった物質だとシルバーになりますが、シルバーだと

水垢汚れが「目立つ」というだけです。プラスチック製だろうがなんだろうが付着は避けられません。

 

 

 

・水垢の落とし方5選

水垢のカルキ成分はアルカリ性なので、汚れを落とすには基本的には酸性のものを使うことで、

汚れを中和・洗浄することができます。ただアルカリ性のものでも落とす場合もあります。

 

①お酢を使う(準備するもの:お酢、水、スプレー容器、ラップ、雑巾)

お酢は「そんな、素材感丸だしなもので、汚れおちるの?」と思われますが、酸性なのでカルキ落としに

効果が期待できます。まず、スプレー容器にお酢を入れ、水で10倍くらいで薄めます。スプレー溶液を

汚れに噴霧し、その部位にラップをかけます。ラップをかけることで、汚れに対してスプレー溶液を

浸透させるのです。30分ほど経ったらラップを取り、硬く絞った雑巾で拭き取って、完了です。

 

②クエン酸を使う(準備するもの:クエン酸、水、スプレー容器、ラップ、雑巾)

クエン酸は文字通り酸性ですので、これを使います。まずスプレー容器にクエン酸の粉末を適当な量を

入れます。そこにクエン酸10倍くらいの水を入れ薄めます。次に汚れた部分にクエン酸スプレーを

かけ、30分ほどラップをかけて放置します。馴染んだら、硬く絞った雑巾で汚れを拭いて、完了です。

 

③新聞紙を使う(準備するもの:新聞紙、水、雑巾)

新聞紙はそのインクの油によって、汚れ落としが期待できます。窓ガラス掃除などでも活躍しますよね。

まず、気になる部分に水をかけて濡らします。すぐ新聞紙で拭き取り、さらに雑巾で水分を乾くまで

拭き取って完成です。

 

④歯磨き粉を使う(準備するもの:歯磨き粉、水、雑巾)

歯磨き粉は研磨つまりみがくという行為がカルキ落としに有効です。まず雑巾に歯磨き粉を適当に

取ります。歯磨き粉部分を、気になる部分に直接塗り込みます。ヌリヌリします。するとワックスを

塗ったように白くなります。あとは水やシャワーで歯磨き粉を落として、完了です。

 

⑤重曹を使う(準備するもの:重曹、雑巾、クエン酸スプレーかお酢スプレー、ラップ)

重曹はというと、アルカリ性の成分です。これ単独ではカルキ成分落としには向きませんが、酸性のものと

併用することでカルキ成分を落とすのにも効果が期待できます。まず、気になる部分に、クエン酸スプレーか

お酢スプレーを吹き付けます。その上から重曹の粉をかけます。すると酸性とアルカリ性の化学反応に

よって、アブクが湧きます。そこにラップをかけます。30分ほど放置したら、雑巾で拭き取り、完成です。

 

 

 

・水垢を予防する方法

こういった水垢汚れ、あらかじめ予防するにはどうしたらよいのでしょうか?これは濡れた部分を

拭き取る、乾かす、この二つを徹底することです。鏡を使ったら雑巾などで拭き取る、

シンクも水で濡れたら拭き取って乾かす。これに尽きます。

 

 

 

・どのくらいの頻度がよいのか?

カルキ汚れ落としは、理想的には一週間に一度の頻度でやるのがオススメですが、時間がない場合は

一カ月に一度くらいで実施しましょう。あまり長く放置してしまうと、こびりついた汚れに、手を

焼いてしまいます。