炭水化物ぬきダイエットは危険?夜だけとも聞く・・・どうする?

    

特に女性誌などではいつでも目にしますが、ダイエット企画は人気がありますね。

ダイエットも含めて美は女性にとって、永遠のテーマですからね。でもいろいろな

手法・やり方が世間には出回っていますが、適正・適切な方法・やり方なのか

どうかは、検証したり確かめたり、ある程度は確認されるのがいいと思います。

今回はなかでも結果にはコミットしやすい「炭水化物ぬきダイエット」の是非を

チェックしてみます。

 



 

・「炭水化物ぬきダイエット」は結果にはコミットするが・・・

「結果にコミットする」でおなじみの某ダイエットサービスがありますが、炭水化物を

抜くと結構これはダイエット効果はあります。友人が入会して、3カ月でしたか

半年でしたか、12キロ痩せたというコミット具合ですもの。ただ手法を聞くと、最初は

夕食だけ炭水化物を抜くんですが、だんだんと3食とも抜いてます。もちろん食事制限だけ

ではなく、マンツーマントレーニングで筋トレもしていくわけですが・・・

 

炭水化物は「悪の権化」のように扱われますが、健康の面からみると炭水化物は生きていく

上で重要な栄養源で欠かせないもの、これを極端に減らしたり拒絶したりすると、栄養面で

重要な欠陥になります。炭水化物などがブドウ糖に分解され体内に吸収されますが、

ブドウ糖の約6割が炭水化物から摂取されます。

 

炭水化物が含有されている食材は、雑穀類、乳製品、イモ類、豆類、果物など、いろいろ

あります。これらを拒絶することにより、必要不可欠な栄養源が取れないことになるのです。

これらを取らないと、同時に含有しているビタミン・ミネラルなども取れないことになります。

 

 

 

・「極端に偏る」よりも「バランスよい食事」

炭水化物ぬきを過度に意識せず、それよりはバランスよく食事しつつ炭水化物を多少減らす分には

効果があるでしょう。5大栄養素というのがあります、つまり

  1. 炭水化物・・・脳や血液のエネルギー源で、筋肉や各種臓器のエネルギーにもなる
  2. タンパク質・・臓器など身体を構成する物体・物質
  3. 脂質・・・・・各種臓器と筋肉のエネルギー源となる
  4. ビタミン・・・代謝を促す
  5. ミネラル・・・生理機能の維持・調節

 

を満遍なくとるのがいいとされています。

 

 

上の図は、厚生労働省が作成した「食事バランスガイド」で、1日に何をどれだけ食べるべきか

という目安の表です。例えば、「主食」の欄を見ると「5~7」とありますが、これは主食は

5~7つ程度取るのが好ましい、という意味です。「副菜」は「5~6つ」が理想だ、という

意味です。

 

痩せたければ、極端なことをするのではなく、食事の面では主食を5~7ではなく「4~6」にするとか、

一方では運動を取り入れ、毎日30分から一時間歩くなどして、継続することが一番肝要です。