貯金を考える!貯金の仕方が分らないという悩みを解決する。

    

貯金が貯まらないという人がいます。幼い頃から躾けられていると、なんて事は

ないと思うのですが、いざ社会人になってから始めるとけっこうこれが大変だ、

なんて聞くのです。そうはいっても、大人になれば貯金がある程度はあることは

「当たり前のこと」のはずです。今回は、貯金の仕方が分らないという人のために

考え方をチェックしてみます。

 



 

・貯金の基本、お金遣いの基本

社会人なら給料、子供ならお小遣い、なんでもいいんですが、要するに「お金」

について、基本的にはいくらかは使って、いくらかは残す。この、「残す方」が

貯金の基本なんですが、これは公式によって簡単に出ます。すなはち、

 

給料ー使うお金=残金(貯金)

 

ということです。具体的には、100円手元に預かったら、その月に50円しか使わなければ

50円は残金(貯金)があるわけです。ね、簡単でしょ?これが基本中の「キホン」ですよね。

でもこれが書いたものを読めば、これこの通りなんですが、習慣としてやってこなかった

場合、ちょっと違ってくるのですよね・・・

 

 

 

・お金のコントロールは気持ち・心のコントロール

今までお金を貯めてこなかった人は、急に「貯金をしなければいけない!」といわれても

できない現実があります。それは、手にしたお金を全部使ってよければ、何も躊躇することが

必要なかったからです。ガマンしなくて良かったからです。ガマン=心のコントロール、ですから、

急に心にストレスをかけなければいけない、この状況は、急には変わりません。

 

とはいっても、大人になったり、結婚することになったり、子供が産まれたりすれば、お金は

あればあっただけラクになるもの。どうやって貯金していけばいいのでしょうか?

 

 

 

・貯金の仕方!3ステップ

貯金の経験がないという人の場合、「残ったお金を貯金するからいいよ~!」といっても、

まず貯まりません。「何となく」ではなく、「意識的・戦略的に」実践しなければなりません。

 

①自分の価値観から→目標額・期限の設定

今まで生きてきた中で、自分が好きなもの・欲しいもの・やってみたいもの・価値を感じるもの

をリストアップします。例えば、小さなものなら「海外旅行のために50万円」とか、大きなものなら

「投資アパート用に1,500万円」など、貯める額を決め、数年くらいのスパンをもって下さい。

例えば、海外旅行は1年で貯まりそうですが、投資アパートは7年で達成しようと思うと、

1年に213万円ほど貯めなければなりませんから、数年ということになります。

目標額の設定のために、深く内省することは非常に大事ですから、ここに一週間かけても構いません。

 

②現在の預金口座とは別な口座 or 積立口座などを作る

目標額が決まったら、別の口座を開設しましょう。その際に、目標に達するまでは別口座から

お金を引き出してはいけません。

 

③給料日には、予め決めた額を別口座に預金する

給料が出てから最後の方に預金しようと思っても、「貯まりません」!給料日に決まった額を

預金しましょう。金額は投資用アパート2,000万を7年なら、ひと月に17万8千円ほどになります。