疲れやすい原因・体質を改善したい人必見!試すべき15選

    

現代社会はでよく言われるのは、ストレス社会ということ。ふと鏡を見たとき、

疲れた顔をしていたり、皺が増えたり、白髪が目についたりしていませんか?

社会が複雑になり、今は細かく説明・対応することが必須だったり、窮屈さは

否めないかも知れませんね。体質だって「何も大きなことしていないのに、疲れやすい!」

という人は多いようです。今回は疲れやすい人の体質や原因をチェックしてみます。

 



 

・時間帯別に生活習慣をチェックしてみる

特段なことは何もなく、普通に日々を過ごしていて、大したこともないのに体が

だるいなど疲れやすい場合、まずは睡眠・朝・日中・夜という具合に、

時間帯別に、自分の日々の過ごし方をチェックしてみましょう。

 

 

 

・疲れやすい人の睡眠時のチェックポイント

睡眠するとき、就寝中に、こういったことはありあませんか?

  • 食べてすぐ横になる(寝る)
  • 身体を縮めて寝る
  • ライトを消さず寝る
  • スマホやインターネットを寝る直前まで見ている

疲れやすい体質なら、これらはすぐ止めてみましょう。

すなわち、

  • 寝る前2時間は飲食はしない(お腹を休める)
  • 身体は縮めず、「大」の字を理想として寝る
  • 就寝時はライトを消す
  • 就寝前30分はスマホやインターネットは見ない

睡眠は唯一、体を物理的に休めることができます。ここが最重要といっても

過言ではありませんから、しっかり休息を取りましょう。

 

 

 

・疲れやすい人の朝のチェックポイント

寝たはずなのに朝から疲れていたら、最悪です。そんな場合はここをチェック。

  • ギリギリまで眠っていたいから、寝る時間を長く
  • その結果、忙しいから朝食は取らない
  • 今日の商談がうまくいくか、今から不安
  • 靴はやっぱり革靴でビシッと決める

チェックしたところを、全部逆の行動にしてみましょう。つまりは、

  • 起きるのは、余裕をもってみる(通学・出勤の40分~1時間前)
  • 朝食は豊富なビタミン・ミネラルなどをしっかり摂る
  • とりあえず悪いことを考えてもしょうがないので、新聞でも読む
  • 靴をスニーカーなど、運動性重視に変えてみる

朝はゆっくり、時間の許す限りギリギリまで寝ていたいところですが、朝ギリギに

するなら、夜もっと早く寝て、睡眠時間を長くすべき。焦ることも減るでしょう。

また、靴は毎日身に着けるものですから、気遣うべき。

 

 

 

・疲れやすい人の日中のチェックポイント

日中は活動がメインになっているはずですから、午前中が終わった時点でも疲れたな、

という人も少なくないかも知れません。該当する場合は次をチェック。

  • デスクワーク中心で、椅子に座っている時間が長い
  • デスクワークだと、足を組んで座っている
  • 昼食は、手っ取り早く食べられるジャンクフード・ファーストフードが多い
  • 少しの風邪なら、仕事に出るし、家に籠ってられない性分

ここにも改善できるところがフンダンにあります。

  • 机からは1時間に一度は離れて、ストレッチ・軽運動を5分してみる
  • デスクワークで、足は組まない(血流が悪くなる)
  • 昼食はしっかり摂る。野菜・炭水化物・タンパク質
  • 風邪かなと思ったら、休む or 早引きする or 休日ならじっとしている

 

 

・疲れやすい人の夜のチェックポイント

仕事も多くの人は終わって、さあ羽根でものばしたい!と思うものですよね。

でも、ダルい・疲れやすい人は以下のことをチェックしてみて下さい。

  • 居酒屋での交流は大事。今日も飲み会、明日も、明後日も!
  • 夜は時間もあり気分もラク、いっぱい食べたい
  • お風呂時間は遅くなりがち、シャワーのみ

ダルいような数日は以下のように、メンテナンス期間としてクールダウンな

日々を送った方がよさそうです。

  • 疲れたかな、と思ったら、飲み会は行かず、休息日とする
  • 夜はたくさん食べない。睡眠するので脂肪も付きやすくなってしまう
  • お風呂は就寝前30分~1時間前に、38~40℃のお湯に、ゆっくり浸かる

夜の食事をガッツリ取るなら、朝か昼にズラし、夜は少なめにした方が、肥満予防にも

いいですし睡眠効果も期待できます。お風呂は上の条件下で20~40分入れば、疲れも

取れやすいし熟睡も期待できます。