靴選びのポイントを考える。最適な時間帯もあるの?

    

毎日履く靴は現代の日本人にとっては絶対外せないものですよね。アスファルト、あるいは

舗装化された道で靴を履かない事は、汚れも付きますが、身体・健康にも重大な影響が

あることかと思います。また、サイズの合わない靴を履くことも、その後の健康状態の

良し悪しに影響すると言われています。今回は、靴選びのポイントをチェックしてみましょう。

 



 

・靴が合わない場合にどうなるか

靴が合わない原因はいくつかありますが、要約するとたくさんある足の部位を、それぞれ

細かくチェックしているかどうか、これが大きな根本原因です。それを放置しておくと、

どうなるのでしょうか?

 

①外反母趾

外反母趾とは、親指の付け根を根っこにして、小指側に曲がってしまう症状です。主な

原因はやはり靴が合ってないのですが、特にハイヒールなどを履く女性がなりやすいと

言われています。結果の症状として、歩行に不具合が生じたり、足指が脱臼して激しい

痛みを誘発したりします。

 

②巻き爪

陥入爪ともいいます。主に親指の内側の端っこが靴に押されて、炎症や出血を伴い、

悪臭を放つ場合もあります。爪切りをあまりしていない場合にも発症します。

 

 

 

 

・ではどうやって靴を選べばいいのか?

靴選びはこうやってみてくると、けっこう大事な作業の一つかも知れません。毎日、

履かない日はないほど、靴は毎日付き合わなければいけないのですから。ではどんな

ポイントに気を付ければいいのでしょうか?

 

①足の長さ

足の長さは、靴のサイズで一般的にいうあれですね。まず基本中の基本です。

 

②足の幅

足の長さと共に、「幅」も知っている方が良いです。長さが違っていたら、合う靴を

探すことができますし、痛くありません。

 

③くるぶしの高さ

くるぶしの高さによって、靴の高さも変わってきます。チェックしましょう。

 

④土踏まずの形

土踏まずがけっこう凹んでいるのか、それともそんなに凹んでいないのか。ここまで

確認してみると、かなり自分に合う靴を探すことができるでしょう。

 

⑤時間帯

靴を探す時間帯を変えてみましょう。午前に探している人は、午後に時間帯を変えて

みあて下さい。なぜなら、午前は活動が浅い反面、午後は活動時間は長くなり、足が

むくんでいる可能性が高く、断面積が大きくなっている場合があるからです。午前に

選んだ靴を、足のむくんだ午後に履くと、あちこち擦れて痛む可能性はあります。