戒名はどうやって付ける?値段は?

    

大事な人がなくなり、故人になると、「戒名」が付きますね。生前が

いわゆる「俗名」、死んだあとが「戒名」です。でも戒名とは聞きますが、

これは誰が、どのように、いつ名付けるんでしょうか?今回は戒名と、それに

まつわるエトセトラについてチェックしていって下さい。

 



 

・俗名にまつわるエトセトラ

生前のいわゆる名前を「俗名」と称します。これは「戒名」があるからこそ、

それに対する生前の名前を何というか、と位置付けると理解しやすいんではないでしょうか。

俗名のまま、葬儀・納骨をする場合も多々あります。仏式ではなかったり、

無宗教だったり、また戒名を付ける場合は有料ですので、金銭的にも俗名のまま

葬儀を上げるとリーズナブルです。

 

 

 

・戒名にまつわるエトセトラ

「戒名」の話になりますが、もともと戒名とは、仏門に入り、守るべき戒律を守れる

ようになった弟子につけられる「名前」でした。それが転じて、仏式で死者に付けられる

名前となったようです。付けるのはその家の菩提寺の住職です。菩提寺のない人でも

付けてもらえますが、その場合は葬儀を取り仕切る僧侶が付けます。

 

簡単に付けるとはいっても、「戒名料」というのがかかります。これは宗派と位号(戒名のランク)

によって異なります。また地域によっても多少の相場があるので、下の例は参考ていど

にして下さい。

宗派信士・信女居士・大姉院信士・院信女院居士・院大姉
浄土宗30~40万円50~60万円70万円~
浄土真宗10~30万円50万円~
真言宗30~50万円50~70万円80万円~100万円~
曹洞宗30~50万円50~70万円100万円~100万円~
天台宗30~50万円50~70万円80万円~100万円~
臨済宗30~50万円50~80万円100万円~
日蓮宗30万円~50万円~100万円~

 

日本でのお葬式の、約9割が仏式葬儀といわれていますが、「御経料」と「戒名料」がお布施の

部分になっています。昔は日常的にお寺に詰め、なおかつお布施もしていたために、一度に

大きな「戒名料」のようなお布施はしていませんでしたが、お寺さんの収入源は正直にいえば

「お布施」そのものです。現代はお寺へのお布施が日常的に行われていませんので、上の戒名料の

一覧を見て「高いな!」と思う方もいるでしょうが、参考程度には知っていていいでしょう。

 

ちなみにキリスト教やイスラム教などでは一般的に、収入の1割ていどは教会に寄付すると

いわれています。いわく「体を養うのに9割、頭を養うのに1割」と。

 

それと比べて、上の戒名料ですから、どう感じましたでしょうか?