法事・法要って、詳しくわからない!何回忌まであるのか?

    

気が付くと、法事や法要・墓参りなど、ご先祖様や亡くなった故人を偲ぶ機会って、

割とあるものです。幼少期や学生時代ってあまり気にならないかも知れないけど、

社会人になったり結婚したりすると、やれ実家に帰る・やれ帰省する、などなど

何かとお墓やお寺などに行くことあるんでは?今回はそんな法事・法要をチェック

してみたいと思います。

 



 

・法事と法要の違いって?

よく法事と法要って言いますが、違いってあるんでしょうか?

法事の前に、法要の説明からします。

 

「法要」とは、もともとは仏法を知ることで、転じてお坊さんに上げてもらう

お経のことを言います。故人への追善供養のことです。

「法事」とは、法要ならびにその後の食事を含む一日の行事のことを言います。

法事・法会などともいいます。

 

ただ、最近は「法事」も「法要」も、同じ意味で使われていることが多いと

思います。それでも通じますしね。法事・法要とはつまり、故人のためにお坊さんに

お経を上げてもらい、一緒に食事をする、ということですね。

 

 

 

・忌日法要と年忌法要って?

そして「三日七日」とか、「四十九日」とか、何日後かに法要で集まったりしますね。

この、故人が亡くなってから一年以内に行う法要を「忌日法要」といいます。一年以上

経った後の法要を「年忌法要」といいます。

 

 

 

・忌日法要の一覧

初七日(しょなのか)・・・命日を入れて7日目。

二七日(ふたなのか)・・・命日を入れて14日目。

三七日(みなのか)・・・・命日を入れて21日目。

四七日(よなのか)・・・・命日を入れて28日目。

五七日(いつなのか)・・・命日を入れて35日目。

六七日(むなのか)・・・・命日を入れて42日目。

七七日(なななのか)・・・命日を入れて49日目。「四十九日(しじゅうくにち)」ともいう。

百箇日(ひゃっかにち)・・命日を入れて100日目。

 

仏教では死後、次の生を受けるまでの状態を中陰(ちゅういん)といい、この世とあの世を

彷徨い、また裁きを受けているとされます。七日毎に死者の、生前の行いが

裁かれるため、死者のために七日ごとに法要を行うことで、故人の成仏をお祈りを

するのです。そして四十九日までを忌中、50日目以降を忌明けといいます。

四十九日を境に、故人の魂は完全にあの世へ移るとされているのです。

 

また四十九日以降のお盆を初盆(はつぼん)または新盆(あらぼん・にいぼん)と

いって、やはり法要を行います。

 

 

 

・年忌法要の一覧

一周忌・・・・・命日からの満1年目。

三回忌・・・・・命日からの満2年目。

七回忌・・・・・命日からの満6年目。

十三回忌・・・・命日からの満12年目。

十七回忌・・・・命日からの満16年目。

二十三回忌・・・命日からの満22年目。

二十七回忌・・・命日からの満26年目。

三十三回忌・・・命日からの満32年目。

三十七回忌・・・命日からの満36年目。

四十三回忌・・・命日からの満42年目。

四十七回忌・・・命日からの満46年目。

五十回忌・・・・命日からの満49年目。

百回忌・・・・・命日からの満99年目。

 

一般的(異なる宗派もある)には三十三回忌までで「弔い上げ」といって、

それ以降の年忌法要は終わりとして、仏事は終了とします。三十三回忌ぐらい

になると、故人を知る人も超高齢化あるいは亡くなっているケースが多いので、

これ以降は現実的ではないような気もします。