冬は「こたつ」か「エアコン」か?コスパと節約はどう達成する

    

エアコンは一般的に常時備え付けてありますね。ということは、夏はもちろん

フル回転ですが、冬も使えるということで、冬も使ってる人はまあまあいるのでは

ないかと推測するんですが。一方、冬の定番暖房の一つといえばこたつですね。

こたつはお金がない場合なんかは、それ一つで冬の寒さが凌げる点がいいところ。

 

さて、冬はどっちを使えばコスパがいいのか、またどちらが経済的なのか、気になる

ところですよね。今回は「炬燵 vs エアコン」を追ってみました。

 



 

・こたつとエアコン、温かいのはどっち?

こたつとエアコン、温かいのはどっちでしょうか?これは独断と偏見で決めますが、

間違いなくこたつですね。こたつは敷布団と掛布団の密閉された空間で、熱効率が

大変いいと思います。加えて、昔から「頭寒足熱」つまり頭は冷やすべきで足は

温めるべきで、そうするとよく眠れる、くらいの意味ですが、実際に頭はある程度の

寒さでも平気ですが、それ以外の部位は冬なら暖めないと身体が効かないことって

ありますよね。

では、エアコンは冬は用無しか?といえば、そうも言えません。エアコンのいいところは

空間・部屋全体を暖めてくれますので、部屋の中でフリーでいられますよね。つまり、

こうなります。

 

こたつ・・・・布団と併用で使うことで熱効率がいいが、座った姿勢 or 横になる姿勢を強いられる。

 

エアコン・・・部屋全体を暖めてくれるが、暖まるまで少々時間がかかるのと、熱効率が悪い

・こたつとエアコン、コスパや節約にいいのは?

では、こたつとエアコン、コスパや節約に向いているのはどちらでしょうか?

例えばエアコンで省エネ8畳用のものを使うと約500Wくらいのもので、1日7時間

使ったとすると、2,793円ほどになります。

 

一方のこたつで、一般的な約80cm四方のタイプで約500Wのものを使い、

最初は「強」で早く暖め、暖まったら「弱」にすると、最初500Wほどのものが「弱」で

100W程度に収まり、1日7時間使ったとすると578円ほどになります。

 

エアコンもいい点はあるのですが、こと「暖かいか否か」という点と「節約向きか否か」

という点にフォーカスした場合、どちらもこたつに軍配が上がるようです。ということで、

こたつを使って節約効率も高めましょう!