夏バテの症状を解消する!夏バテ防止対策

    

夏と冬、どっちが好きですか?究極の質問ですが、どちらにも支持者がいると

思います。夏は薄着でいられるし、テンションが上がります。反面、夏バテや汗かきや、

臭いに悩まされます。冬は空気が澄んでるし汗をかかなくてすみますが、逆に

寒いし朝起きるのが億劫なときがあります。今回は夏バテをどう予防・解消するのか、

焦点を当ててみました。

 



 

 

・夏バテになる原因

「夏バテ」とは医学用語ではなく、日本独特の「高温多湿な夏」にみられる、体調不良な

現象の総称といってもいいでしょう。夏は開放的になれますが、暑すぎて夏バテに

なったらテンションも下がってしまいますが、そもそもなぜ夏バテに

なってしまうんでしょうか?

  1. 気温が上がり暑くなることで、身体に消化不良の症状が起きる。
  2. 汗を大量にかき水分がなくなるので、脱水の症状が出る。
  3. 水分が欲しくなるので水を多く取り、ミネラルバランスが崩れる。
  4. 湿度が上がることで汗が蒸発しなくなり、身体の温度調整機能が崩れる。
  5. 外は暑く、室内はエアコンで寒く、自律神経が乱れる。

 

こういった原因から、のどの渇き、立ち眩み、頭痛、吐き気、微熱、目眩などに繋がり、

夏バテや不具合などが出ると考えられます。ではこの”夏バテ”にはどう対処したら

いいんでしょうか。

 

 

 

・夏バテ解消の対策

現代の夏バテはエアコンの普及も相まって、以前より複雑化していますが、基本的には

以下の対策が有効でしょう。

 

●適度に・こまめに水分を取る

よく熱中症になったとニュース報道で見ますが、水かドリンクを予め持って歩き、

一時間に一口・二口と含んでいれば対処できます。自覚がなくて熱中症になることも

ありますので、早めに・こまめに水分を取りましょう。経口補水液も有効です。

市販のものでもいいですが、作る場合は水1リットルに対して小さじ四分の一の塩を

入れ、飲むときにレモン汁などで味付けするといいですよ。

 

●栄養バランスの取れた食事する

好きなものしか食べない人、いませんか?栄養が偏っても、体調不良の原因になります。

タンパク質・ミネラル・脂質・ビタミンなど、栄養素が満遍なく取れる食事をすることで、

体力もつけられますよ。

 

●エアコン・扇風機の使い方に注意する

エアコンの使い方にも注意すると、快適に暑さを凌げます。例えば、冷房機能を頻繁に

使うよりも、除湿機能を多用することで、気温が下がらなくてもかなり涼しく過ごせます。

また、夜間はエアコンを使いっぱなしにするのではなく、タイマー機能を使うことで、

エアコン疲れを軽減できます。あるいはエアコンを使う前に扇風機で済ますとか、

除湿機能と扇風機で凌ぐ、というのも有効です。