掃除嫌いな性格でも克服できる7選

    

 

掃除が得意な人はいいですよね、キレイにするのに何の抵抗もないという、

掃除苦手な人から言わせると「羨ましい」性格ではないでしょうか。

しかし、他人を羨むだけでは部屋はキレイになりません。キレイに保つための

秘訣を今回はご紹介します。

 

 

 

・掃除が嫌いになる性格&状況

根っから掃除が大得意なんて人がいるかどうか怪しい(私見です)もんですが、掃除が

嫌いになってしまう性格や状況としては、以下のようなことが挙げられるようです。

  • 外(仕事や外出)に出るとON状態だが、内(家や部屋)に入るとOFF状態になる
  • 家以外では物事をテキパキとこなす
  • そもそも常に頭が混乱していて、掃除についても以下同文
  • 性格が本当にだらしなくて、不潔かつ乱雑な人
  • 大らかで、掃除以外はパッパッと決断・実行できる人

 

上のような性格&状況なら、大概の人が当てはまるんではないでしょうか。

 



 

 

・掃除嫌い克服の7大方法

①お掃除ツールを一気に揃える

例えば、掃除用ツールを増やしてみるのはいい手の一つです。今まで使ってきたものを

思いっきり手放して、新たに買ってみる。そこにお金を多く使えば、せっかく買ったんだから

掃除しなきゃ!と気が向いてくる人は少なくないと思います。掃除用ツールでもルンバの

ような「お掃除ロボット」など数万円するようなものを揃えたら、これは使わないと勿体ない!

とう人は多いはず。もちろん「コロコロ」や「クイックルワイパー」など安価なものもいいですが、

自分がどうしても「掃除しなきゃ!」と思うようになるツールがいいですね。

 

 

②割り切って、外注する

どうしても掃除する気が起きない場合、外注、つまり業者に頼んでしまうのも手です。

ハウスクリーニングの掃除業者は、仕事なのでもちろんしっかりやってくれますし、

最後に確認して「ここはもっと丁寧に汚れを落としてほしい」などと頼めばいいことです。

バス回り2万円などお金を一部かけたら、それを絡めて一階だけはやるとか、一階の半分を

掃除やるとか、外注を契機にお掃除するのもいいプランです。

 

 

③物を減らす

物理的に物を減らしてしまうのも効果が期待できます。例えば、バスタオルは

「人数分×2枚」程度なら足りる、という識者もいますから、そういった感じで

食器を見直す、衣類を見直す、机の上を見直す。物が減れば、必要面積も減りますね。

 

 

④曜日ごとに掃除する場所を決める

これは簡単にできることの一つではないかと思います。土日がお休みならある程度増やして、

それ以外の平日なら月曜日は一階フロア、火曜日なら二階フロア、水曜日ならキッチン回り、

などと決まった日に限定したエリアを掃除すると、ちょっとした時間で仕上げることができるでしょう。

 

 

⑤お掃除をしたら自分にご褒美を上げる

掃除作業をやったら、自分にご褒美を上げるのもいいです。脳に、「お掃除すると嬉しいことがある」

とインプットする習慣がつけば、掃除の作業にも習慣化が身についてくるはずです。

結局最後は習慣化することができれば、何でもそれが強みになります。

 

 

⑥お掃除をしたらパートナーに報告して褒めてもらう

上のものは自分をほめるわけですが、こちらはパートナーに褒めてもらうのです。

これは予めパートナーに言っておくのがいいです、つまり「私、掃除が苦手なの。でも

あなたのためにお掃除するから、やったら褒めてほしいの。そしたらもっと

頑張れる気がする!」といった感じで、決め事にしてしまえば、褒められる、掃除で

部屋がキレイになる、といいことづくめです。

 

 

⑦来客を増やす

部屋に人を呼ぶのが好きな人は多くはないかも知れませんが、部屋に他人を呼ぶ機会を

増やせば、汚い部屋を放っておくってことは難しいでしょう。それを利用して、次の

会合の前にキレイにするような習慣にしてしまう。すると、部屋はキレイになる、

他人ともっと仲良くなれる、といいことづくめです!