虫刺されで腫れる?11月でもある可能性

    

11月でも虫刺されの可能性があるんでしょうか?夏や秋の暖かい日なら素人目にも

たぶん虫がいて、刺される可能性はあるよな、と思えますが、秋も深まった11月に

そのようなことがあるんでしょうか?

 

 

 

・11月でも、人を刺す虫はいる

実は11月でも人を刺す虫は存在・生息しています。ブヨ、ダニ、カあたりの可能性があります。

ブヨとダニは、一般的に詳しい季節は分からないとしても、カは夏じゃないの?と

思われるかも知れませんが、それぞれ詳しく見ていきましょう。



 

 

・ブヨ

ブヨは意外と知られていないんですが、吸血しますし、それがけっこう痒いです。

ブヨはハエの仲間ですが、ハエは吸血しませんし、ハエよりは小さいです。

またブヨは一年中生息していますが、特に川の近くで朝夕などの涼しい時間帯に活動します。

場所もキャンプ場などの山中や森林などが多いです。

 

 

またブヨは刺して吸血するのではなく、皮膚を噛み切って吸血します。

カに刺されるとすぐ痒くなりますが、ブヨの場合、数時間~1日経って痒み・痛みが

発症します。また厄介なんですが、ブヨの場合はアナフィラキシーショック症状が

出ることもあり、水疱発症・リンパ管炎・リンパ節炎・呼吸困難など重篤に

なることもありますから注意が必要です。

 

 

対策としては

  • 手足や体に虫よけスプレーを散布する
  • ポイズンリムーバーを携帯する

などが有効になってきます。

 

 

 

 

・ダニ

ダニは世界に約2万種類いるといわれています。日本では家の中の約8割は「人を刺さないダニ」で、

人を刺すダニとなると、ほぼチリダニツメダニイエダニに限定できます。いずれも体長は0.2~1.0mm程度で

かなり小さく、また夜行性もあいまって目視するのはけっこう大変です。

種類チリダニツメダニイエダニ
体長0.3~0.4mm0.3~0.8mm0.3~0.4mm
生息箇所カーペット、畳などカーペット、畳などネズミに寄生
エサフケやアカ、カビなどチリダニなど動物(ネズミなど)や人の血液など
特徴人が吸い込むと、気管支炎やアレルギー性鼻炎を発症する。人が刺されると、痒みを発症する。動物や人が吸血されると、痒み・腫れを発症する。

 

 

ダニの集まりやすい環境として、

  • 気温が20~30℃程度(10℃以下と40℃以上で活動が停止)
  • 湿度が60%以上(湿度60%未満で活動が停止)
  • カーペットや畳や布団、枕の中
  • これら条件が幾つも重なる

となります。対策としては

  • 湿度を低めに抑える(エアコンの除湿機能など)
  • 畳やカーペットを止め、フローリングにする
  • 布団や枕は週に一回は掃除機をかける

ことで、極力ダニを抑えることができます。

 

 

 

 

・カ

カは大きく「イエカ」「ヒトスジシマカ」に分かれます。ヒトスジシマカは夏場に大量発生し、車に乗り込むときなど

人に紛れて車内に同乗します。縞模様のアレです。ここではイエカに限定して説明します。

 

 

イエカは夏場だけではなく、、春~秋まで過ごし冬場は成虫のまま越冬します。しかも最近の

住宅事情から保温性・密閉性が高くなり、家の中でも越冬している可能性があるのです。

もしくは木の中や屋根裏などで越冬している場合もあります。

夏場はやや減少し、春と秋の涼しい季節に増えます。イエカは夜行性で、昼間は物陰や家の中で

休み、夜陰に紛れて行動します。

 

 

カに刺されやすい人はこんな人です。

  • 汗をかきやすい
  • お酒をよく飲む
  • 肌が黒っぽい・浅黒い
  • 体臭がきつめ

同じ環境にいても、カに刺される人・刺されない人がハッキリと別れますよね?

カが寄ってきやすい人は確実にいるんです。対策としては

  • 蚊取り線香をたく
  • 網戸に虫よけ剤をはる
  • 手足に虫よけスプレーを吹き付ける

など励行しましょう。