11月のイベントはこれ!行事をチェック(日付から)

    

11月はめっきり冷えてきますね。山は紅葉するし、日も短くなります。

気候は冷えるとはいっても、涼しくて過ごしやすい日も増えてきます。

そんな11月の日付から、チェックしていきます。

 

 

 

・文化の日(11月3日)

皇居にて文化勲章や、文化庁主催の芸術祭が行われ、美術館や博物館では無料イベントも

あり、また全日本剣道選手権大会が行われます。

 

 

・ユネスコ憲章記念日(11月4日)

昭和21(1946)年11月4日、国際連合教育科学文化機関憲章が発行すると同時に、ユネスコが

誕生しました。ユネスコとは国連の下で、教育と科学と文化を促進していく機関です。

 

 

・立冬(11月6日ごろ)

二十四節季からいうと、このころ立冬に入ります。旧暦の9月後半から10月前半です。

立冬とはいうものの、まだ暖かい日は多いです。

 



 

 

・介護の日(11月11日)

キャッチフレーズ「いい日、いい日、毎日、あったか介護」からゴロ合わせし、

またパブリックコメントで多数意見があったので、介護の日となりました。この11月11日の

前後二週間(11月4~17日)を、啓発活動の重点実施期間としています。

 

 

・ポッキー&プリッツの日(11月11日)

日本お菓子メーカーが決めました。ポッキーもプリッツも、縦長でしょ?

 

 

・七五三(11月15日)

文字通り、7歳5歳3歳の子供の健やかな成長を祝う行事であり、由来は天和元年11月15日に

徳川五代将軍綱吉が長男・徳松公の成長を祝ったのが始まりとされます。

 

 

・将棋の日(11月17日)

藤井四段が誕生して、近年になく熱い将棋界ですが、これは日本将棋連盟が

定めた記念日です。各地で将棋関連のイベントが行われます。由来は江戸を開府した

徳川家康が囲碁と将棋が好きで、1630年代ころには囲碁・将棋が幕府公認と

なっていたのですが、八代将軍吉宗が「御城将棋の日」を11月17日と制定したことによります。

 

 

・酉の市(11月の酉の日)

酉の市とは、11月の酉の日に、日本武尊を奉る、鷲(おおとり)神社で行う祭りです。

有名な市には、目黒区の大鳥神社や、台東区千束の浅草鷲神社の市があります。

縁起物で財や運を書き込むとして熊手が名物として売られます。

 

 

・ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日(11月の第三木曜日)

フランス・ボージョレ―地区の初物ワインの解禁日です。時差の関係で、日本が一番

早く買うことができます。しかし一時の熱かった時期はもう過ぎ去り、ブームは

落ち着いたといえます。

 

 

・勤労感謝の日(11月23日)

戦後、勤労を貴ぶよう、記念日と制定されました。