10月に咲く花、どんなもの?

    

10月は秋と言われる季節の真ん中!「秋ど真ん中」ですね。

暑さも一段落しますし、ハロウィンの10月31日は、欧米でも夏の終わり、

暑さの終わり、との表現になっています。そんな10月に咲く花、

10月以前から咲いている花をチェックしてみました。

 

 

 

10月に咲きだすもの

・ボタン  花言葉「富貴」「風格」「恥じらい」「人見知り」

ボタンはキクに似ていますが、キクとは別の種です。

女性の例えに、「立てば芍薬、座れば牡丹 歩く姿は百合の花」

といいますが、それほど昔から美しい花として珍重されて

きました。芍薬は花の宰相「花相」とも言われ、一方の

牡丹は花の王「花王」とも呼ばれています。こちらは

両方とも、ボタン科ボタン属になります。

 

 

 

・シクラメン

花言葉  「内気」「遠慮」「気おくれ」

シクラメンも秋の可憐な花ですが、育てる

のが難しいと思う一方で、コツさえ掴めば

初心者にも簡単とも言われています。

具体的には、人の生活する気温だと高く、

おまけに霜にも弱いので、そのあたりを

避けられれば、10月から次の4月くらいまで

次々と花をつけ続け、長く鑑賞をすることが

できる花です。なので人気もあります。私は一度育てようとチャレンジしましたが、失敗しましたので良い

イメージはないのですが、「底面給水」「球根には水やらず」を守れば育てられますので、ぜひ一度どうぞ。

 

 

・サフラン  花言葉「歓喜」「過度を慎め」「濫用するな」

サフランといえばサフランライスですね、欧米でパエリアに

使われる、黄色いライスです。それの色付けに使われるのが

このサフランです。いつでもあるイメージですが、実は

10~11月が栽培に適した時期で、最近はハウスなどが

普及してきたので、いつでも手に入ります。原産地は

地中海沿岸やアナトリア半島です。また古代ヨーロッパでは

サフランには酔い覚ましの効能があると信じられる一方で、人を惑わす効果も併せ持つと信じられてきました。

これが花言葉に「過度を慎め」とか、「濫用するな」とか言われる所以でもあります。

 

 

・ブルーデイジー  花言葉  「協力」「幸福」「恵まれている」

ブルーデイジーは秋も咲きますが、春先の3~5月にも花を付けます。デイジーの仲間で花びらが

青いので、この名が付きました。真ん中は黄色いのに、花びらが青く、大変ビビッドな色味を

していて、見応えあります。風水では、玄関に置くといい運気を運んでくれる、とされます。

原産地は南アフリカです。

 



 

 

10月より前から咲いているもの

・マリーゴールド 花言葉「絶望」「悲しみ」「嫉妬」

マリーゴールドは黄色やオレンジなど、明るい夏の

イメージを持つ花です。色別にも花言葉があって、

黄色は「健康」、オレンジは「予言」とあります。

4月から見られて、最長で11月までは楽しめます。

原産地はメキシコです。

 

 

 

・ペチュニア  花言葉「あなたと一緒なら心が和らぐ」「心のやすらぎ」

ペチュニアは基本、夏にパーッと咲いているイメージです。日々草、サフィニアなんかとオーバーラップ

しますが、サフィニアはペチュニアの一種で、サントリーが品種改良に成功しました。4~10月まで

鑑賞・育成できます。

 

 

・ガーベラ  花言葉「希望」「常に前進」

ガーベラは多種多様で、仲間は実に2,000種類あるとされています。原産地は南アフリカですが、

19世紀末ヨーロッパに持ち込まれてから品種改良が多くされてきました。花言葉も色や種類で

いろいろあり、オレンジは「我慢強さ」、黄色は「親しみやすい」、白は「律儀」「希望」など

あります。4~10月まで鑑賞できます。