二十四節季と七十二候とは?

    

日本ははっきりした四季を持つ、などと言われています。確かに

外国でよく耳にするのは、乾季と雨季です。乾季は乾燥した時期・季節で、

雨季とは雨の多い時期・季節ですね。

 

 

 

さらに四季が豊かだといわれる日本には、昔から二十四節季と七十二候というのを

生活の中で使ってきました。それらは一体どんなものでしょうか?

 

 

 

二十四節季と七十二候

二十四節季とは、一年を24の季節区分に区切った時期の呼び方です。

七十二候は、二十四節季の時期をさらに細かく3つに区切ったものです。現代は新暦である

グレゴリオ暦が使われていますから、それとの比較が分かりやすいので以下に並列してみます。

二十四節季七十二候グレゴリオ暦
読み方意味詠み方意味





小寒(しょうかん)寒気強まる、寒の入り芹乃栄せりすなわちさかう 芹がぐんぐん育つ1月5日~
水泉動すいせんうごく凍った川や泉が動きだす
雉始雊きじはじめてなく雄の雉が鳴きだす
大寒(だいかん)冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也款冬華ふきのはなさくフキノトウが蕾を付ける1月20日~
水沢腹堅さわみずこおりつめる 細い川の氷がガチガチになる
鶏始乳にわとりはじめてとやにつく 鶏が卵を産みだす時期






立春(りっしゅん)春の気立つを以って也東風解凍はるかぜこおりをとく東風が氷を解かし始める2月4日~
黄鶯睍睆うぐいすなく山里で鶯が鳴き始める
魚上氷うおこおりをのぼる氷の割れた隙間から魚が飛び出す
雨水(うすい)ここが寒さのピークで、ここから暖かくなる土脉潤起つちのしょううるおいおこる雪→雨になりやすくなり、潤いやすくなる2月18日~
霞始靆かすみはじめてたなびく霞がたなびき始める
草木萠動そうもくめばえいずる草木が芽吹きだす





啓蟄(けいちつ)大地温もり、虫出づる蟄虫啓戸ちっちゅうこを ひらく冬眠中の虫が出始める3月5日~
桃始笑もも はじめて わらう桃が開花し始める
菜虫化蝶なむし ちょうと けす青虫が蛹から成虫になる
春分(しゅんぶん)春になり、昼と夜が等分になる雀始巣すずめはじめてすくう雀が巣を作りだす3月20日~
桜始開さくらはじめてひらく桜が開花しだす
雷乃発声らいすなわちこえをはっす雷が鳴りだす時期





清明(せいめい)万物が清々しく見目麗しいころ玄鳥至つばめいたる南方より燕が渡ってくる4月4日~
鴻雁北こうがんきたす北方へ雁が渡りゆく
虹始見にじはじめてあらわる雨後の虹が見えだす
穀雨(こくう)穀物を助ける雨葭始生よしはじめてしょうず 葦が芽吹く時期4月20日~
霜止出苗しもやんでなえいず 霜の時期が止み稲がガンガン育つ
牡丹華ぼたんはなさく牡丹の花が咲きだす





立夏(りっか)夏のはじまり蛙始鳴かえるはじめてなく蛙が鳴きだす5月5日~
蚯蚓出きゅういんいずるミミズが表に這いだす
竹笋生ちくかんしょうず筍が取れだす
小満(しょうまん)万物が一定の大きさになる蚕起食桑かいこおこってくわをくらう蚕が桑を食べだす5月21日~
紅花栄こうかさかうベニバナが咲きだす
麦秋至ばくしゅういたる麦が熟す時期







芒種(ぼうしゅ)芒などを種撒く螳螂生とうろうしょうずカマキリが生まれだす6月5日~
腐草為蛍ふそうほたるとなる腐草の陰で蛍が飛びだす
梅子黄うめのみきばむ梅の実が黄ばみいい頃合いになる
夏至(げし)夏に至り、日が長くなる乃東枯ないとうかるる冬の草が枯れる6月21日~
菖蒲華しょうぶはなさくあやめの時期
半夏生はんげしょうずハンゲショウが開花する






小暑(しょうしょ)梅雨明け近付く温風至おんぷういたる暖い風が感じられるようになる7月7日~
蓮始開はすはじめてはなさく蓮が開花しだす
鷹乃学習たかすなわちがくしゅうす鷹の子が飛びだす
大暑(たいしょ)暑気ここに至る桐始結花きりはじめてはなをむすぶ桐の実が実りだす7月23日~
土潤溽暑つちうるおいてあつし地中も蒸暑くなる
大雨時行たいうときにゆくたまに大雨に見舞われる





立秋(りっしゅう)秋の気配に気づく涼風至すづかぜいたる涼しい風が吹きだす8月7日~
寒蝉鳴ひぐらしなくセミが鳴きだす
蒙霧升降ふかききりまとう朝夕に冷たい霧が出だす
処暑(しょしょ)暑さが後退しだす綿柎開わたのはなしべひらく綿の咢(がく)が開きだす8月23日~
天地始粛てんちはじめてすずむ涼しい日も出だす
禾乃登かすなわちみのる稲が実りだす






白露(はくろ)大気も湿り、露が出だす草露白くさのつゆしろし草の浴びた露がつやめく9月7日~
鶺鴒鳴せきれいなく鶺鴒が鳴きだす
玄鳥去げんちょうさる燕が温所へ南下する
秋分(しゅうぶん)昼夜が等しくなる雷乃収声らいすなわちこえをおさむ雷が鳴り収まる9月23日~
蟄虫坏戸むしかくれてとふさぐ虫が冬ごもりだす
水始涸みずはじめてかる田畑の水を抜き、収穫する








寒露(かんろ)露が冷気で凍りそうになる鴻雁来こうがんきたる寒い地方から雁が来だす10月8日~
菊花開きくのはなひらく菊が開花しだす
蟋蟀在戸きりぎりすとにありコオロギが鳴きだす
霜降(そうこう)霜が凍り、地や葉に降りる霜始降しもはじめてふる霜が凍り、地や葉に降りる10月23日~
霎時施こさめときどきふる小雨が時折降る
楓蔦黄もみじつたきばむもみじや蔦が山粧う






立冬(りっとう)冬の気配が感じられる山茶始開つばきはじめてひらく 山茶花が咲きだす11月7日~
地始凍ちはじめてこおる 大地が凍りだす
金盞香きんせんかさく水仙の花が咲きだす
小雪(しょうせつ)冷えるため雨も雪となって降る虹蔵不見にじかくれてみえず 曇り空増え、虹が隠れる11月22日~
朔風払葉きたかぜこのはをはらう北風が木の葉を吹き飛ばす
橘始黄たちばなはじめてきばむ橘の実が黄ばみだす





大雪(たいせつ)雪が激しく降りだす閉塞成冬そらさむくふゆとなる 大気が冷え込み冬ばむ12月7日~
熊蟄穴くまあなにこもる熊が穴で冬眠しだす
鱖魚群さけのうおむらがる鮭が川を遡上しだす
冬至(とうじ)冬に至り、日も短きに至る乃東生なつかれくさ しょうず靫草が生えだす12月22日~
麋角解さわしかつのおつるヘラジカの角が落ちる
雪下出麦ゆきくだりてむぎのびる降雪の下、麦が芽吹きだす