10月旅行のおすすめは海外!(2)

    

10月に海外旅行に行く人は、どんなところをチョイスしますか?

秋真っただ中の、海外旅行おすすめを見ていって下さい。

 

 

 

この前の記事では、10月といえば長期連休はない前提で、安・近・短(安くて近くて短い)

の旅行を中心にしましたが、そうは言ってもこの時期安いからこそ遠出したいという人も

いますよね。もちろん長期旅行をするにしても、安くてお得な期間ですからオススメです。

 

 

 

 

▼遠くの海外

オーストラリア

フライト時間 9時間50分(成田→シドニー)

日数の目安 4~7日

予算の目安 6~20万円

言語、公用語 英語

10月の気温 14~22℃

通 貨● オーストラリアドル(AUD)。1ドル=87.9円

 

 

オーストラリアは世界地図の上では日本からわりと近く

見えますが、なんせ大陸ですから広く遠いです。シドニーは

日本からだと10時間はかかりますが、ケアンズなら

7時間ですみます。

 

上の魅力的な写真・エアーズロックは内陸部ですが、

ケアンズやゴールドコーストなどの沿海部だって魅力的です。

左の地図だと西半分が寂しい感じに見えますが、

西側は砂漠気候が多くを占めています。

 

 

10月は南半球のオーストラリアでは春にあたり、心地よい日が多いでしょう。

その他、グレートバリアリーフ、オペラハウス、ブルーマウンテンズ山脈のスリーシスターズなど、

大陸で広く、観光スポットも多数あります。カンガルーのジャーキーや、BBQで胃を満たせ!

 

 

 

 

ヨーロッパ

ドイツ

フライト時間 約12時間(成田→フランクフルト)

日数の目安 5~8日

予算の目安 10~25万円

言語、公用語 ドイツ語

10月の気温 7~16℃

通 貨● ユーロ(EUR)。1ユーロ=129.3円

 

 

ドイツはヨーロッパの中ではやや寒い部類に入る10月です。緯度は北海道よりも

高いため、基本的には秋よりかは冬に近いし、服装も防寒を想定した方がいいでしょう。

屋内に入ってしまえば、暖房設備はしっかりしてますのでその点は安心です。

観光スポットは、ノイシュバンシュタイン城やケルン大聖堂、ベルリン大聖堂あたり。

あとはビール飲んで、ソーセージ食べて、ザワークラウトで満腹に!

 

 

 

 

フランス

フライト時間 約12時間30分(成田→シャルル・ドゴール)

日数の目安 5~8日

予算の目安 10~25万円

言語、公用語 フランス語

10月の気温 7~16℃

通 貨 ドイツを参照

 

 

フランスの10月もドイツとやや似ています。東京と比べると寒く、しっかり防寒着を用意して

いくべきです。ベルサイユ宮殿などは郊外にありますが、パリ市内に比べて風も寒いので、

要注意です。観光はその他、エッフェル塔や凱旋門、オルセー美術館やニースの海岸、

ノートルダム寺院にモンサンミッシェルと、見どころは多いです。

 

 

 

 

モルディブ

フライト時間 約10~12時間

(成田→モルディブ)

日数の目安 5~8日

予算の目安 25~30万円

言語、公用語 英語

10月の気温 23~28℃

通 貨 ルフィア(MVR)。

1ルフィア=7.14円

 

 

モルディブは常夏のリゾート地。

モルディブの特徴としては

2点挙げられて、

・1島:1リゾート(ホテル)と、

・とにかく海が青く、透明!

ということ。

 

 

リゾートには海とレストランと

売店しかないところも多いです

が、水上バンガローに泊まって、一週間ほど「ボーッ」と過ごすのが、最高の贅沢ですよ。泳ぎを極めるのもよし。

なお直行便はないので、アジアか中東を経由して、上に書いた時間です。

 

 

 

 

 

ペルー

フライト時間 約20~21時間(成田→ホルヘ・チャベス)

日数の目安 7~14日

予算の目安 25~40万円

言語、公用語 スペイン語

10月の気温 1~23℃

通 貨 ソル(PEN)。1ソル=35.2円

 

 

ペルーのメインは上の写真「マチュピチュ」と「ナスカ・フマナの地上絵」です。

マチュピチュは高度の高いところにあり、天候も気温も変わりやすいので、防寒にも暑さにも

対応できるようするのが賢明でしょう。ツアーなどでは徐々に高地に上がっていくので大丈夫

ですが、軽く高山病になる人が稀にいます。

 

 

ただ、マチュピチュは、本当に感動します。ぜひ比較的若いうちに、体力のあるうちに

行っておくことをおすすめします。フライト時間も、長距離バスも、登山時間も

長いからです。その長い時間をかけてこそ、マチュピチュの眺望がおいしく感じるのです。