10月は神無月 出雲大社などにお参り

    

10月と言えば神無月、つまり10月を旧暦で神無月(かんなづき)と

いいますが、どうして「かんなづき」というのでしょうか?

 

 

 

 

これは、日本各地にあるという、八百万(やおよろず)の神々が、旧暦での10月には

出雲国に馳せ参じるといわれていて、出雲国に集結するということは、他の在所においては

神様が留守になるので「神無月」という訳です。

 

 

 

 

ところが上でも触れた通り、他の神様がここ出雲に集まってきますので、出雲国において

10月は「神在月」というのです、真逆なのです。このとき近隣の各神社では

「神迎祭(かみむかえさい)」つまり神様たちをお迎えする神事から始まって、

「神在祭(かみありさい)」、そして最後は諸国に神様たちをお見送りする

「神等去出祭(からさでさい)」まで行われます。

 

 

 

 

神迎祭(かみむかえさい)

神迎祭では、出雲大社近くの稲佐の浜で御神火を焚いて、諸国の神様をお迎えし、

その後に神様たちは東西の十九社に入られます。一般参拝が可能です。

 

 

 

神在祭(かみありさい)

神在祭が注意が必要で、この期間は旧暦の10月11~17日にあたりますが、

この期間に神様たちがこの世のあらゆること、諸事を会議=「神議り(かみはかり)」に

かけ、来年の収穫や男女の婚儀などを話し合うとされ、この期間は参拝ができません

 

 

この祭事期間は神様たちに粗相があってはならないということで、地元の人たちは

会合して大いに騒いではいけないし、歌や踊りも控え、建築も控えて静まってなければ

なりません。人間にとっては「御忌祭(おいみさい)」ともいわれます。

 

 

 

神等去出祭(からさでさい)

旧暦10月17日の夕方、この祭り=神等去出祭(からさでさい)を終了することで

日本各地の神様たちは出雲大社から各地に帰られます。26日にも神等去出祭を行い、

これによって神様たちが出雲大社を去られたことを大国主大神に報告する神事とされます。

 

 

 

 

では10月に出雲大社以外に行くと神様不在で、祈り事は無駄なのか?

それでは、神無月には他の神社に行くと、神様は不在で、祈り事はムダなのでしょうか?

これには諸説ありますが、主なものをいくつか挙げてみます。

  1. 神様の代表が出雲に行くのであり、代わりに恵比寿様など留守番される神もいる。
  2. 神在祭の他にも五穀豊穣・商売繁盛などの祭りが各地にあるので、神様は当然いる。
  3. やはり全ての神様がいなくなるので、不在時の災厄を恐れて祭礼が多い時期である。

などなどありますが、基本的には神社にお参りに行きたいと思った人が、行きたい時期に

行かれるのがいいでしょう。心の問題ですから、あまり思い詰めても仕方ないのでは?