会津十楽秋の陣に行こう

    

会津若松市では春と秋に、会津十楽が開催されます。

会津十楽秋の陣(9月)と、会津十楽春の陣(4月)です。

 

 

 

会津十楽とは、会津若松市で行われるイベントです。十楽とは元々は仏教用語であり、

極楽において文字通り10種類あるとされる楽しみのことで、転じて戦国時代には

十楽の湊や十楽の津などと使い、賑わいのある都市や集落をさすようになりました。

 

 

 

サムライシティプロジェクト実行委員会により、2013年に始まったこの催しものは、

毎年盛大なものになり、2016年には第20回ふるさとイベント大賞優勝賞に選ばれました。

福島県は2011年3月11日の東日本大震災と原発事故により、県産物が実害あり・風評被害あり、

そんな中で件を盛り上げていこうという趣旨の中、始まりました。

 

 

 

場所:会津若松市鶴ヶ城公園

日時:9月16日から

内容:食楽ブース・・・焼粉屋、茶屋、甘味処、渡来屋、会津地鶏屋、地物屋、豆屋、南蛮問屋、桔梗屋、南蛮食事処

匠楽ブース・・・会津木綿屋、塗物屋、古物屋、凛麗屋、縁起屋、蝋燭屋

興楽ブース・・・木綿屋、工作処、絵付処、レオの泉、書文字屋、絵師屋、民話茶屋、天主堂  など

 

 

 

会津若松といえば鶴ヶ城ですから、会津のイベントは鶴ヶ城がメインになります。

でもその他にも、会津若松の周辺でも、秋の行楽が楽しめますよ。

 

 

 

会津若松の北隣り・喜多方市では、きたかた喜楽里博が開催されます。

こちらは7月中旬から9月中旬まで楽しめます。喜多方ラーメンや蔵体験、喜多方の自然などを

満喫できます。

 

 

 

会津若松や喜多方は雪深いイメージがあります。現に冬の会津若松は、多いときでは約50cmの

積雪がありますし、日本海側に移動するには山を越える必要があり、会津地方→新潟地方は

どちらも豪雪地帯です。北は飯豊山地、南は会津高原、東は奥羽山脈、西は越後山脈に囲まれ、

会津若松は盆地になっています。