カボチャの栄養・効果や成分について

    

カボチャは特に女性に好まれる傾向にある(運営者周辺)のですが、

日本で食べられているものはメキシコ産で、戦国時代末期にポルトガル人により

カンボジアを経由してきたため「カボチャ」とつけられた、と言われています。

 

 

 

 

その他、西洋カボチャなどもありますが、こちらも南米ペルー周辺の原産といわれており、

いずれにしても南米産ですね。日本カボチャは表面のでこぼこが特徴で、

西洋カボチャはどちらかというとツルツルしていて、食べると非常に甘く、実の食べごたえがあります。

 

 

 

 

カボチャは栄養素も豊富で、β-カロテン、ビタミンC、E、ナトリウム、食物繊維、鉄、

亜鉛などが豊富に含有していて、体にも非常によい食材です。

β-カロテンビタミンEビタミンK
ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6
ビタミンCパントテン酸葉酸
ナイアシンナトリウムカリウム
カルシウムマグネシウムリン
食物繊維

 

 

 

 

β-カロテン(ビタミンA)は抗酸化作用が働き、ビタミンC、Eの3つを合わせて

ビタミンACE(エース)などということもあります。どのビタミンも悪玉である活性酸素の

抑制に寄与し、抗がん作用、免疫強化、アンチエイジング効果、風邪の予防、

メタボ改善などに効果が期待できます。